ネイティブに近い英文にする翻訳のコツとは

自動翻訳の限界を知って手直ししよう

ウェブ翻訳による日本語から英語への変換でネイティブに近い英文にするのは容易ではありません。どのような翻訳システムが運営されているか、そしてそのシステムに合わせて適切な文調の日本語を入力できるかが大きな課題になります。英文を素晴らしいものに仕上げようと考え、それに合うような日本文を書くのも大変でしょう。自動翻訳でネイティブに近い英文にするにはかなりの数の試行錯誤が必要になります。長期的には取り組んでみる価値がありますが、すぐにでもネイティブみたいな英文に翻訳したいというときには手直しをすることを考えましょう。あくまで自動翻訳の結果は土台として、少し表現を変えていくことでネイティブのものに近づけるのです。

複数のウェブ翻訳を使おう

どのように手直ししたら良いかわからないという人もいるでしょう。その場合に有効なのが他のウェブ翻訳も活用して、複数の翻訳結果を手に入れる方法です。全く同じ日本文であっても、使った翻訳システムが違うと異なる英文に変換されます。それらを比較検討してみると、この表現の方がネイティブらしい、これは日本人しか使わないような英語だといった形で取捨選択が可能になるでしょう。二、三種類の例があれば、比較して適切に組み合わせていくとかなり英文の質が上がります。多少の英語力は必要になる作業ですが、自分で翻訳できるほどの実力がなくても問題なくできます。時間も全文翻訳するのに比べると短くて済むので、翻訳をスムーズに行うためのコツとして覚えておきましょう。

© Copyright Available Website Translation. All Rights Reserved.